ム−ミンと遊ぼう。

ここはブログ初挑戦中のスナフキンの・・・・メモ帳です。
素人の設定メモなので真似しておかしくなっても
責任は取れません。
累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ
前のエントリー 次のエントリー
GentooLinux ccache
ccacheを導入してみることにします。

ccacheとは・・・
以下引用
ccacheは高速なコンパイラーキャッシュです。プログラムをコンパイルすると、中間結果をキャッシュするので、同じプログラムを再コンパイルしたときはいつでも、コンパイル時間は大いに減少します。この結果、普通のコンパイルでは5〜10倍のコンパイル時間の高速化となります。

上記の文面からすると、自分のような低スペックのPCを利用するものにとってはナイスなツ−ルのようですね。
早速導入してみましょう。

emerge ccache

gentoolkitを導入したときと同じように注意書きが表示されました。
IMPORTANT: 9config file in /etc need updating
Type emerge --help config to learn how to update config files.

ファイルの数こそ違えど内容は同じみたいですね。
emerge --helpの後にetc-updateで新しいファイルに上書きしました。

使用するにはportageのサポ−トを有効にする必要があるみたいです。
/etc/make.confの中のFEATURES変数にccacheを、CCACHE_SIZEという変数を追加して"?G"(キャッシュサイズを決めるみたいなので自分は任意で1Gとしました。)と設定する必要があるみたいですね。

nano -w /etc/make.confで変更します。

自分は新しく以下の2行を書き加えました。
FEATURES="ccache"
CCACHE_SIZE="1G"
です。

これで、利用可能になったはずですが使い方がいまいち分かりません。
ccache --helpやman ccacheもしましたけど・・・
使い方を調べる所から始めないといけないようですね。
snufkin: GentooLinux | comments(2) | trackbacks(0)top↑

コメント

snufkinが、高速などをコンパイラーキャッシュされたの?


BlogPetのルパン | 2006/06/12 12:42 PM

文面を

使用したの?


BlogPetのふじこ | 2006/06/12 12:45 PM


コメントを投稿する












この記事のトラックバックURL

http://snufkin.blog.bai.ne.jp/trackback/53911
トラックバック





10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
コメント


トラックバック


カテゴリー


バックナンバー


Profile


Link


QRコード


BlogRanking

BlogRankingです。

ポチッっとお願いします。


WhiteBand

ほっとけない 世界のまずしさ